へのへの!

henoheno(ハワイ語)=かわいい=霧矢大夢さんと日々のあれこれ

M! M! M! の「M」は「紫」のM!

宝塚スカイステージのニュースのなかの「いろいろタカラヅカ」。

ジェンヌさんたちが、各「色」をキーに公演にまつわるお話を披露する、という趣旨のコーナー。

 

先日、珠城のりょうさんが登場されて、「赤」は『スカーレット・ピンパーネル』の新人公演で演じたパーシーのビロードのガウンとか、「白」は『月雲の皇子』で背景に使われてた月の色とか、ふむふむそーだよねー、なんてほのぼの見てたんです。が、

 

最後のお題の「紫」が、

 

『Misty Station』で霧矢大夢さんが着てたジャケット。

 

THE・安定。

 

「私たちが着ていた衣裳はチェックだったんですけど」。

うん、知ってるw

 

『Misty Station』フィナーレで、霧矢さんを迎えるこのシーンが本当に幸せで、「すごく印象に残っています」だそうな。

 

今や、若手のなかで包容力ジェンヌの名をほしいままにしてる(私調べ)珠城さん。どんな相手役でも、その大きな体ですっぽり包んでしまう昭和ダンディ珠城さん。

でも師匠のこととなると一気に乙女なはにかみ笑顔を見せる珠城さん。

 

愛しいよーーー

 

あのジャケット最初見たときは、なぜにわざわざ紫…?、と不思議カラーだったような気もするし、というか、ペイズリーのベストってのがなんともバブリーで旅人感とそぐわない、と一瞬思ったような覚えもあるが、まぁ着てる人のプリティー具合で最終的には眩しいお衣裳になったよ。

 

これからも珠城さん(と朝美の絢さん)は、ちょいちょい、「え!ここ!」って霧ファンも驚くような意外な場面でもアワ・アイドルの名前出してくれるだろうなー。

期待してお待ちしております!